手首の痛みの取り方〜小指側〜

手首の痛みとは、割とポピュラーな痛みのようです。

ポピュラーと言っても、痛みとなるとあまり良いものではありませんね。

72ec0f73550472f51630e63df2076e0e_s.jpg

作業をするにあたって、手は欠かせないものです。

その手が動く上で重要な可動箇所、手首に痛みを感じてしまうことは非常にストレスです。

本日は私にも起こった手首の痛み、特に小指側の痛みについて書かせていただきます。

ーーーーー

手の痛みを取る際に基本となるのが、中指を中心に前後に分かれるということです。

親指、人差し指は身体の前側に原因があります。

小指、薬指は身体の後ろ側に原因があります。

1c528678b83e5699842a3022741800a2_s.jpg

中指は状況に応じてどちらにも属します。

この基本を元に考えていくと、小指側の手首の痛みの原因は身体の後ろ側にあることが想像できます。

私が新たな痛みに挑戦をする際、このような基本に則って想像をし、原因を突き止めていきます。

では実際に、どの箇所をほぐすと良いのか。

具体的なほぐし方を紹介していきます。

ーーーーー

小指側の手首の痛みを取るには、

『肩甲骨をほぐす』

E8838CE4B8AD201002-38488.JPG

以前に小指の腕の痺れを取る記事を紹介しましたが、その内容とほぼ同じです。

その記事はこちらを参照してください。

〜腕の痺れー小指側ー〜
http://yawaragi-since-2011.seesaa.net/article/440770470.html

肩甲骨が滞ることにより、県が引っ張られたり血流が悪くなることで、小指側の腕に影響をもたらします。

今回の症状は、肩甲骨の上部の滞りが原因でした。

この箇所をほぐすことで、痛みは解消されていきます。

ーーーーー

作業をする際、できるだけストレスは感じたくはありませんよね。

いつも頑張ってくれている身体です。

変えの効かない自分の身体と、今年は対話するように過ごしてみてはいかがでしょうか。

ーーーーー

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
↑ランキングにご協力をお願いします。
ポチッとクリックをお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村
↑こちらにも、宜しくお願いします。

この記事へのコメント