五十肩、四十肩 Ⅱ

五十肩や四十肩といえば、具体的な原因が不明の肩周辺の筋肉の炎症と言われています。

身体とは本当に不思議で、未だにわからないことが沢山あります。

ですがこの五十肩や四十肩の原因や対処法は、天城流湯治法の中では確立され、私自身も多くの実績を上げてきています。

af4857c118bcb8165a579548fcba00e6_s.jpg

技を教えてきた皆様の中にも、問題が解決したという方が多くいらっしゃいます。

以前も紹介したことがある『五十肩、四十肩の対処法』ですが、今ではその手法がより深く、効果も高まっています。

本日はⅡシリーズとして、五十肩・四十肩の対処法を紹介します。

ーーーーー

今回紹介する箇所は、我々の技で『躰起点』と呼ばれる箇所です。

以前に首の躰起点について紹介をしたことがありますが、今回のものは五十肩・四十肩の原因である脇の躰起点です。

首の躰起点については過去の記事を参照してみてください。

〜躰起点ー首ー〜
http://yawaragi-since-2011.seesaa.net/article/441508956.html

躰起点とは、その点をほぐすと対応する箇所が緩むというものです。

この手法を行うことで、ほぐしやすくなり効果を高めることができます。

ほぐす箇所があまりにも硬く、触れるだけでも痛みを伴う場合などに用いることもできます。

我々はボディピックという道具を用いますが、ご自分でやられる場合には親指の爪先で切るようにほぐします。

IMG_9140.JPG

あまり爪が長いと皮膚を切ってしまう恐れがあるので、手技を行う際には気をつけてください。

では今回の脇の躰起点を紹介し、五十肩・四十肩を整える方法を紹介していきましょう。

ーーーーー

脇の躰起点は、

『耳周り』

横顔  1005.JPG

図に記している箇所を、爪先等で切るようにほぐします。

こうすることで脇の下が緩み、手技を行いやすくなります。

これだけでも肩の痛みはかなり緩和されるのですが、これだけではすぐに元に戻ってしまいます。

必ず原因となっている脇をほぐしましょう。

胸につながる大胸筋、肩甲骨につながる大円筋をほぐし、脇の下をほぐしていきます。

この手技については以前に詳しく紹介しています。

こちらを参考にしてみてください。

〜五十肩、四十肩〜
http://yawaragi-since-2011.seesaa.net/article/437618562.html

この手法を行うことで、五十肩・四十肩の痛みはかなり緩和されていきます。

ご自分でも行える手技です。

ぜひお試しください。

ーーーーー

今回の手技の講義をしている際、師匠がおっしゃいました。

『メガネの耳にかけるところに形が似てるな。もしかしたら、五十肩・四十肩になる方の多くはメガネをかけているんじゃないかな。』

最近、私の元に五十肩・四十肩を抱える4人のお客様が来られました。

全員メガネを愛用しているそうです。

師匠の感覚の鋭さ、お見それいたします。

私も感覚を磨き、技の練度を高めていかねばと思う今回の手技でした。

ーーーーー

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
↑ランキングにご協力をお願いします。
ポチッとクリックをお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村
↑こちらにも、宜しくお願いします。

この記事へのコメント

  • 阿部和彦

    ボディピックの購入方法を教えていただけるとありがたいです。
    よろしくお願いします。
    12月の指導者養成講座に参加します。
    2017年10月31日 19:27