腕のだるさや痺れ対策は、ご飯を噛む

タイトルをご覧になって、どう思われたでしょうか。 また咀嚼か!そんな訳はない! 口を開けば「咀嚼をしましょう」「ご飯を噛みましょう」と言っている私ですが、今回も言わせていただきます。 最近なぜか、腕がだるい、起きると腕が痺れている、といった症状を訴えるお客様が続きました。 これも何かの縁かと思うので、本日は腕のだるさや痺れの原因と対処法について書かせていただきます…

続きを読む

四十肩、五十肩の治し方

四十肩に五十肩、この年代に起こる肩の痛みのため、このような呼び方をされるそうです。 普通の肩こりと違い、肩が上がらない、肩を後ろに回せないなど、日常の動作にも多くの影響を出してしまいます。 30代でもなることはあるそうです。 私が好きな俳優、大泉洋さんは30代後半で四十肩と診断されたそうです。 コミカルにリアクションをしていましたが、ちょっとショックだったそうです…

続きを読む

肩凝りを無くすには

あなたの肩は凝っていませんか。 現代の日本では、国民のほとんどが肩凝りを抱えています。 専門医、治療法、書籍が星の数ほどあるほど、肩凝りの問題は深刻です。 ですがこの状況、不思議に思いませんか。 これだけ様々な療法や対策が叫ばれながら、肩こりは無くならないのです。 昔は難病と言われていたものが、すぐに治ってしまうほど現代の技術は進んでいます。 しかし「…

続きを読む

テニス肘、野球肘

初期の記事で紹介したことのある内容ですが、クオリティ等の問題も含めて改めて紹介させていただきます。 『テニス肘、野球肘』と呼ばれる症状ですが、何もテニスや野球をしていないと起こらない症状ではありません。 実際この症状と病院で診断されたのは、それらのスポーツの経験のない60代の女性です。 似た症状として、料理人がなりやすいフライパン肘という症状もあります。 テニス、…

続きを読む

五十肩、四十肩 Ⅱ

五十肩や四十肩といえば、具体的な原因が不明の肩周辺の筋肉の炎症と言われています。 身体とは本当に不思議で、未だにわからないことが沢山あります。 ですがこの五十肩や四十肩の原因や対処法は、天城流湯治法の中では確立され、私自身も多くの実績を上げてきています。 技を教えてきた皆様の中にも、問題が解決したという方が多くいらっしゃいます。 以前も紹介したことがある『五十肩、…

続きを読む

基本的な肩こりの取り方 29,03

天城流湯治法は、師匠である杉本錬堂の手で日々進化を遂げています。 私も日々の経験で、技の理解や解釈が深まっていきます。 そんな中、以前紹介していた記事を読んでいると… 「足りない、これ以上に手技がある」 といったことを思います。 そこで、より効果を高めるために記事を更新させていただくことにしました。 以前の記事と合わせて、ぜひご活用いただきたいです。 本…

続きを読む

肩甲骨の痛み

寒さが厳しい今の時期、身体はいつも以上に痛みや違和感を感じているようです。 私のお店に来ていただくお客様も、普段とは少し違った滞り方をされている方が多くいらっしゃいます。 その中でも、肩甲骨に痛みや違和感を感じているケースが非常に多くあります。 寒さで身を縮めたり、デスクワーク等々で背中は丸まりがちです。 肩甲骨を含め、背中の滞りは全身の痛みや違和感に繋がっていき…

続きを読む

肩の冷え

『冷え』と言うと、手足に起こるものが一般的でしょうか。 他にも、冷えは身体中の何処にでも起こり得るものです。 首、お腹、背中… 本日のお客様は、肩の冷えに悩んでいました。 明け方に肩の冷たさで目が覚め、ポンチョのようなものを羽織っても一向に暖まらないのだそうです。 それで睡眠が阻害されてしまうというのですから、少々深刻です。 本日は様々な冷えの中から、…

続きを読む

手首の痛みの取り方〜小指側〜

手首の痛みとは、割とポピュラーな痛みのようです。 ポピュラーと言っても、痛みとなるとあまり良いものではありませんね。 作業をするにあたって、手は欠かせないものです。 その手が動く上で重要な可動箇所、手首に痛みを感じてしまうことは非常にストレスです。 本日は私にも起こった手首の痛み、特に小指側の痛みについて書かせていただきます。 ーーーーー 手の痛みを取…

続きを読む

腕の痛み

何をするにも、腕を使わないことはないでしょう。 特にこの時期は、仕事の大詰めや大掃除により普段よりも腕を酷使しがちです。 本日のお客様は、運送業をしている方でした。 一年のうちで最も忙しいとされるこの時期、お客様の腕は常に痛いという状況になっていました。 このお客様だけでなく、先に述べた理由により同じような症状を抱えている方は多くいらっしゃると思います。 本…

続きを読む