気をつけて、安全靴

配送業をしている方が施術にこられました。 腰と背中を痛めています。 お中元のこの時期は繁忙期ということで、とても大変そうです。 重たい荷物を運ぶから身体が痛む、それもあります。 ですがさらに身体を滞らせる原因が、安全靴にあるのです。 ーーーーー すべての安全靴がそうであるわけではないのですが、土踏まずの箇所にクッションが付いている靴は要注意です。 …

続きを読む

なぜ直接膝をほぐさないのか

本日のお客様と、膝の痛みの取り方について話をしていました。 膝の痛みを取るには、症状に合わせて様々な箇所をほぐす必要があります。 足の裏、ふくらはぎ、太もも、胸などなど。 そこでお客様がおっしゃいました。 『肝心の膝が出てこないけど、どうして?』 確かに、不思議に思われますよね。 天城流湯治法の基本概念は、 『痛みの原因は別の箇所にある』 …

続きを読む

踵(かかと)の痛み

今日はクイズ形式で痛みの原因を紹介してみましょう。 踵の内側に痛みを感じるお客様が来られました。 歩いていると徐々に違和感を感じ、痛みに変わっていきます。 座っているときには痛みを感じません。 痛みを感じるのは踵の内側、くるぶしの下辺りです。 さて、この痛みの原因はどこにあるでしょうか。 ーーーーー 原因を見つけるには、昨日の記事を参考に考えると…

続きを読む

腸脛靭帯の緩め方 Ⅱ

ブログのアクセスランキングで、常に上位にランクインする『腸脛靭帯の緩め方』。 スポーツをする方、特にランニングをする方には役立つ手法と思います。 私もかつて膝を痛めたことがあるように、腸脛靭帯の硬さは膝の痛みにつながってしまいます。 以前紹介した記事を見返してみると、なんとも簡易的な手法を紹介していました。 申し訳ない思いです。 そこで今回は、より詳しいほぐ…

続きを読む

ふくらはぎの浮腫み取り Ⅱ

浮腫みとは、具体的な痛みと違ってなんとも言えない辛さがあります。 疲れ、怠さ、身体の重さを感じ、倦怠感に苛まれます。 私の母親は看護師をしていて、特に夜勤が辛いと言います。 仕事をしていると、ふくらはぎがみるみる浮腫んでいき、朝方にはパンパンになってしまうこともあるそうです。 ふくらはぎは特に浮腫みやすく、この症状のみで施術を受けに来られる方もいらっしゃるほどです…

続きを読む

O脚の改善方法

私はかつて、酷いO脚でした。 そのおかげか、ランニングをすると膝の外側をよく痛めていました。 立ち姿もどこかスッキリせず、この脚さえ整っていたら…と、よく思っていました。 O脚、X脚の症状を抱える方は、今の日本人の中には多くいらっしゃるようです。 そこで本日は、自宅でできるO脚の改善方法を紹介します。 ーーーーー O、X脚の原因は、筋肉のアンバランスや…

続きを読む

足を軽くする

身体を動かす際には、できるだけ身体の負担をなくすことが大切です。 身体に負担を抱えたままだと身体を痛めてしまったり、怪我の原因にもなります。 そのために『準備運動』というものがあるのですが、私はそれを各分野に特化した方法を紹介したいと思います。 ちょうど、足を上げる際に重さや違和感を感じている方がいらっしゃいました。 そこで本日は『足を軽くする方法』を紹介したいと…

続きを読む

本当に大切な『靴』

大きめの靴はいけない!という記事を以前に書かせていただきました。 靴は本当に大切なもので、身体を良くもするし悪くもしてしまいます。 体重の1.2倍もの荷重が、歩くたびにかかってしまう足。 その中でも足先には非常に強い負荷がかかります。 しかも足先は、足の指や土踏まずなど、とても繊細な作りをしています。 その繊細な足を包む靴の重要性は極めて高いものと言うことが…

続きを読む

足先の冷え

この時期の冷えは本当に辛いですね。 冷え性の方も多くいらっしゃいますが、特に足先の冷えはしつこいようです。 ひどい方になると風呂上りでも冷えていて、すぐに靴下を履かないと辛いほどと聞きます。 しかし靴下に頼ってばかりでは、逆に体温を下げる危険性があるのです。 身体の中から暖めることが重要になってきます。 本日は、そんな足先の冷えについて書かせていただきます。…

続きを読む

膝の内側の痛み

日常生活に欠かせない『歩く』という行為。 そこに痛みが生じてしまうのは、なかなかのストレスでしょう。 そんな中、私の師匠はよくおっしゃいます。 「せめて膝の痛みくらいは自分で取れるようになってほしい」 膝の問題を抱える方は、お年寄りだけに限りません。 私自身も高校生の時に左膝を痛め、今でも痛む時があります。 私は自分で施術ができますが、これをみなさんに…

続きを読む